情報システム監査株式会社

オープンセミナー

現在、当社では以下の研修のお申込みを受付中です。

ITIL実践講座~ITILアセスメント編~

システム運用技術者にとってはもはや必須となりつつあるITILですが、資格取得後、実際の現場でその知識は十分、活用されていますか?
本オープン研修では、ITILを現場で活用、実践いただく為のヒント、演習を中心に、研修コースを企画し、ご提供します。これまでの知識の整理や、新たな知識の習得、業務改善にぜひお役立てください。

本セミナーのフライヤーはこちら(PDF)

講座名 ITIL実践講座~ITILアセスメント編~
研修概要 ITILファンデーションを取得済、もしくは同等の知識、経験を有する方向けにITIL V3の管理プロセスの活用方法、運用改善の進め方を演習を通じて修得します。
日程 2日間  9:30~17:00
テキスト等 当社オリジナルテキスト
開催場所 東京(当社東京本社)

 

 

詳細カリキュラム
日程 概要 章毎の演習内容
1日目 1章 ITSMの基本と継続的改善プロセス
2章 ITILベースのアセスメント
グループディスカッション
2日目 3章 ITSM導入計画 強み/弱み分析と改善案策定
4章 ITSMの構築 ITSM目標設定と評価基準
実習
グループディスカッション

SEのための情報セキュリティ対策実践

ITに関わる技術者として業務を始めて2~3年を超えると、各グループのリーダーとして、情報システムを取り巻く技術に対する幅広い知識が必要になります。
本オープン研修では、多くの研修コースの中から、特に情報セキュリティ知識を中心に、研修講座をピックアップし、ご提供しています。
これまでの知識の整理や、新たな知識の習得、スキルアップにぜひお役立てください。

また、2月は内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による2019 年「サイバーセキュリティ月間」です。これを機会に情報セキュリティ知識について改めて確認してみてはいかがでしょうか。

本セミナーのフライヤーはこちら(PDF)

講座名 SEのための情報セキュリティ対策実践
研修概要 セキュリティ専門用語を幅広く紹介し、情報セキュリティ対策を設計していく際に必要な、「何を」「何から」「どのように」守るのか、と品質基準についての知識を、講義と実習によって修得します。
日程 2日間  9:30~17:00
テキスト等 当社オリジナルテキスト、実習用パソコン、ネットワーク機器
開催場所 東京(当社東京本社)
大阪(当社大阪本社)

 

 

詳細カリキュラム
日程 概要 章毎の演習内容
1日目 1章 今日のセキュリティリスク
    セキュリティリスク
2章 情報セキュリティの基礎
    情報セキュリティの基本概念
    リスク要因
    情報リテラシーと情報倫理
3章 見えない脅威とその対策
    マルウェア
    共通の対策
    標的型攻撃と誘導型攻撃への対策
    フィッシング詐欺への対策
    無線LANに潜む脅威と対策
デモ
実習
グループディスカッション
2日目 4章 組織の一員としての情報セキュリティ対策
    組織のセキュリティ対策
    情報漏えい
    終わりのないプロセス
5章 もっと知りたいセキュリティ技術
    アカウント、ID、パスワード
    攻撃手法
    脆弱性を悪用する攻撃
    ファイアウォール
    暗号とデジタル署名
6章 情報セキュリティ関連の法規と制度
実習
グループディスカッション

お申込みフォーム

以下のお申込フォームに必要事項をご入力の上、お申込送信ボタンを押してください。折返し、当社よりご入力いただいたメールアドレスに確認およびお支払い方法をご連絡いたします。

  • メールは「@isanet.co.jp」を受信可能にしていただきますよう、お願いします
  • お申込み人数が開催人数に満たない場合、開催を中止することがあります。開催可否決定は開催日の2週間前を予定しております
  • 複数名の受講をご希望の場合は代表者のお名前ご連絡先をご入力ください
  • (必須)と記載されている項目は、必ずご入力いただきますようお願いいたします。

■お申込みフォーム







当社のプライバシーポリシーをお読みいただき、「同意する」にチェックの上、送信してください。(必須)