トップシステム監査部監査>安全性システム監査

安全性システム監査

コンピュータおよびネットワークが必要不可欠の現代において、企業経営の面でも情報システムへの依存度は益々大きくなりつつあります。
そのため、災害や事故が原因で情報システムの機能が停止するという事態が起こった場合、円滑な業務進行を妨げ、多大な損失を受ける可能性も含んでいます。

また、今日のネットワーク社会では、顔の見えない不特定多数の人々と接触しており、情報漏えいのリスクが大きくなりつつあります。

さらに、現在では、データの集中処理を行うホストコンピュータ型から、情報処理を行う場所が社内に分散するクライアント/サーバ型システムへの移行が進んでいます。 そのような中では、安全性の確保はお客様への安定したサービス提供には欠かせないものになります。

安全性システム監査では、個々の情報システムにターゲットを絞るのではなく、情報システム全体の運用状況の評価を実施します。 そのために、技術的、人的な観点からの調査を行い、総合評価と項目別に状況や問題点、改善事項をご報告いたします。

宇治市のシステム監査事例(115KB)


詳細につきましては、お気軽にご相談ください。

安全性システム監査